相鉄グループの㈱相鉄アーバンクリエイツ(本社・横浜市西区、社長・左藤 誠)と㈱相鉄ビルマネジメント(同)は、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅前の大規模集客施設「ゆめが丘ソラトス」(横浜市泉区・以下、同施設)について、このたび、2024 年7 月に開業が決定したこと、および開業に先駆けて一部の店舗をお知らせします。
同施設は、~ゆめが丘から生まれるローカルライフ、住まう・働く・訪れる。すべてのひとに届く、自分らしい“毎日”と深まる“満足”~をコンセプトとして、ゆめが丘周辺にある自然豊かで農業が盛んな地域資源を豊富に生かし、「食」「アクティビティー」「教育・文化」など、さまざまな体験ができる交流型集客施設を目指しています。

「ゆめが丘ソラトス」外観(環状4 号線側・イメージ)

「ゆめが丘ソラトス」外観(環状4 号線側・イメージ)

「ゆめが丘ソラトス」館内(イメージ)

「ゆめが丘ソラトス」館内(イメージ)

【ポイント】

  • エリア最大の集積、約130 店舗の豊富なラインアップからなる「ゆめが丘ソラトス1」、大型家電量販店「ヤマダデンキ」が出店する「ゆめが丘ソラトス2」を2024 年7 月に開業することが決定しました。本リリースでは、出店の一部110 店舗をご紹介します。
  • 1 階は、食物販ゾーンと飲食ゾーンを中心としたフロア。食の体験を通じてお客さまとゆめが丘をつなぐ場所を目指します。
  • 2 階は、ファッションやライフスタイルに関連する店舗を中心としたフロア。
  • 3 階は、10 スクリーンの大型シネマコンプレックス「109 シネマズ」や、関東初出店となるアミューズメントパーク「ASOBLE」、フードコートなどで構成。フードコートの横には相鉄線の電車が眺められる「station view terrace(ステーション ビュー テラス)」も配置しています。
  • 屋上には、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」をモチーフにした遊具を揃えた広場「そうにゃんぱーく」を開場。子どもたちが楽しく、のびのびと遊べる、そして子育て世代が交流できる場所をご提供します。
  • 開業プロモーションとして、ゆめが丘をイメージしたジオラマを制作し、「ゆめが丘ソラトス」を訪れたお客さまや地域にお住まいのお客さまが3D スキャンによりミニチュアの住民となって、一緒にまちを育てていただくビジュアルコミュニケーションを展開します。
そうにゃんぱーく(イメージ)

そうにゃんぱーく(イメージ)

横浜市泉区で最大規模となる同施設は、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅に直結、および横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅に近接している他、横浜市の主要な幹線道路である、環状4 号線にも面しています。また、2023 年3 月に開業した相鉄・東急新横浜線により、東京都心方面とのアクセスにも恵まれた好立地です。
相鉄グループは、これまでも横浜駅直結の「相鉄ジョイナス」や星川駅~天王町駅間 高架下の施設「星天qlay(ホシテンクレイ)」など、さまざまな集客施設を開発し、沿線地域の発展に貢献してきました。今後も認知度・好意度を高めて「選ばれる沿線」を実現するとともに、住みやすい街づくりを進めてまいります。
詳細は別紙のとおりです。

詳しくはこちら